FXとは

2013.9.7|未分類

このエントリーをに追加
Check

もう、既知の事項でしょうが、FXとは?ということでつらつらと書いてみます。


【FXとは】
例えば、1ドル100円のとき10万円分1000ドル買います。
1ドル110円の円安の場合、ドルを交換すると11万円で1万円の得になり、1ドル90円の円高の時ドルを交換すると9万円で1万円の損になります。
ドルと円など、国と別の国の通貨の取引をして為替の取引価格の差額をFXの取引といいます。


【儲けるためにある制度】
レバレッジ…資金を担保にして担保にした資金の25倍までの金額が取引できます。
レバレッジを例えば20倍にするとして50万円を担保にすると1000万円が動かせます。
つまり、円・ドルで考えると10円の変動で+-100万円の差額が生じます。
レバレッジの率を高めにする大損するリスクもあるため、初心者は1-5倍から始めると良いです。


【24時間動く】
FXは24時間取引されています。


【情報を手に入れる】
TV、新聞の経済欄やネットやメールで最新の情報を得ます。
情報は無料で手に入ります。
どんどんいろんなサイトで勉強や情報収集してく事ができます。
http://quote.yahoo.co.jp/m3?u
ヤフーファイナンスがメジャーなサイトで、ヘッドラインニュースとチャートを見ることで為替の知識を身に付けます。


【ネットバンク銀行を利用する】
ネットバンキング銀行を利用すると入金手数料、出金も取り扱いシステムを利用することにより無料に。口座反映がすぐなのも利点です。


【取引会社選び】
取引する金利差が高い業者を選ぶのが主流。
2010年に、信託保全が義務付けられてからは投資家の安全性が上がりました。
それまでは、手の付けやすいFXの投資家を騙す悪徳業者がいました。
短期売買では、スプレッドや売買手数料が直接、取引きに影響するために業者選びの仕方としてスワップポイント(金利が高い業者)からスプレッド(金利差)になりました。
レバレッジの400倍近くまで可能とする業者も出だしました。
(現在、国内の業者はレバレッジの規制があります)
→利益になる自分に合ってる業者、方法を選びます。損失が起きることも忘れずにいます。

この記事にコメント

トラックバックURL

航空券株主優待